土地活用の種類

土地や遊休地の所有者や土地を相続した人は、毎年かかる固定資産税などで悩まれている人も多いのではないでしょうか。土地にかかる税金対策として「土地活用」があります。では土地活用にはどのような種類があり、どういった特徴があるのでしょうか。

土地活用の種類

土地の売却
土地活用で最も簡単な方法は、その土地を売却してしまうことです。売ってしまえば毎年の税金を考える必要がありません。しかし、売却するために不動産会社と契約をしたとしても、必ず売却できるという保証はありません。土地の所在地が地方であったり、郊外の場合買い手の需要がないため、売却することは困難であると考えられます。

○等価交換
土地に建築物を建てて土地を売却し、建てた建物だけを取得する方法が「等価交換」と呼ばれる土地活用です。その土地が有効利用に向いている土地だが、リスクを負うのが不安という方はこの土地活用が適しています。

○駐車場経営
駐車場経営は、初期投資や借入金額が少なく経営できる土地活用です。ただ、一方で税制上のメリットや収益性が低かったり、機械式の駐車場の場合、設備維持やメンテナンスに費用がかかったり、他の活用方法に転用したり更地にするのにも高い費用がかかる可能性があります。

○アパート・マンション経営
アパートやマンション経営は、賃貸住宅として需要が見込める土地での活用方法です。メリットとしては、一室を自宅にも併用することができたり、安定した収益性が見込める、税制上の優遇措置があるといったものがあります。一方で、初期投資が高かったり、空室による収益性低下のリスクなどがあります。

戸建て賃貸
戸建て賃貸はの最大のメリットは利回りの高さにあります。また、少ない初期投資で賃貸することが可能であり、狭小地での建築も可能です。そして、昨今では戸建て賃貸の需要が高まっている関係から空室のリスクも少ないと考えられます。また、入居者が長期的に住むことも多くあったり、昨今のシェアハウスブームなども追い風になっています。しかし、デメリットとしては入居率が0%か100%のどちらかであることや、所有者の好みと入居者の好みが違う場合、入居者を見つけることが困難であるといった側面もあります。

○サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
サービス付き高齢者住宅は、昨今の超高齢化社会や福祉関係の需要などの面で、様々なメリットがあります。まず、国土交通省による補助金を受けられたり、様々な支援措置を受けることが可能です。また、市場拡大の関係で、長期的で安定した収益を期待することができ、社会貢献という側面も持っています。デメリットとしては、初期投資にかかる費用が高く、固定資産税の軽減を受けられなかったり、一定以上の広さがないと建築できないこともあります。また、市場拡大の裏側では沢山の介護会社が倒産している現実などがあります。

○ロードサイド店舗経営
一定の広さがあり、幹線道路に面しているいわゆる「ロードサイド」の場合、駐車場がついた大型の店舗やファミリーレストランなどを誘致することで土地活用することができます。高い収益や安定した収益が見込め、幹線道路沿いのため駅から遠くても問題になりません。一方で、当然ながら広い土地が必要となったり大きな初期投資が必要な点、また店舗やテナントが撤退すると収入がなくなるため撤退のリスクを伴います。

○資材置き場、倉庫、トランクルーム
工場や店舗が密集している地域では、資材置き場や倉庫・トランクルームといった活用方法に需要がある場合があります。資材置き場や倉庫・トランクルームは初期投資額が少なく、事業開始までの期間が短いなどのメリットがあります。また、他の土地活用への転用も容易にできます。一方で、税制の軽減が受けられなかったり、収益性が低いなどのデメリットも存在します。

○ソーラー発電 ソーラー
ソーラー発電は電力買取などによる収益を確保することができます。また、地方や郊外の賃貸需要や店舗需要がないような土地であっても設置し発電することが可能であり、土地の立地などが関係なく活用することができます。一方で発電量が不安定であったり、発電コストが他の発電システムより高、設備の維持管理が必要といったデメリットも存在します。