戸建て(家・住宅) の買取とは?メリットや買取相場も合わせて紹介!

ご所有の戸建てを売却したい時は、不動産会社に直接買取ってもらうという方法もあります。不動産会社が買取る場合は、不動産仲介による通常の売却と比べて色々な違いがあります。ここでは戸建て買取について、仲介との違いや相場、戸建てならではの特徴をご紹介します。

戸建て(家・住宅)の買取とは?

不動産の売却では不動産会社に売買仲介を依頼するのが一般的です。まずは買取の特徴について、仲介と比較しながら見ていきましょう。

買取と仲介の違い

買取と仲介とでは、物件の買主が違います。不動産仲介では、媒介契約を交わした不動産会社に買い手を探してもらい、最終的には不動産会社ではなく個人などの第三者が買主となります。一方で買取の場合は、買取業者、つまり不動産会社が買主になります。

この取引内容の違いから、買取と仲介ではいろいろな点で違いがあります。例えば、買取での買主は不動産を査定した業者なので、合意すればすぐにでも売却をすることが可能です。このため現金がすぐに必要な方などは、戸建て買取を利用すれば仲介よりも早くお金を手にすることができます。また、業者相手の取引になるので室内を特にきれいにしておかなくても売却ができます。業者次第では残置物があっても問題がないので、引っ越しにおいても負担を減らすことができます。

戸建て(家・住宅)買取の相場

続いて戸建て買取で生じる金額の相場についてご紹介します。

買取における売買金額の相場

不動産の買取では業者の負担が大きくなるため、仲介の場合と比較すると6割~8割ほどの金額で取引されます。不動産買取後、買取業者は物件をリフォームしたり更地にしたりして再度販売します。当然これらにも多くの費用がかかりますが、物件が売れなかった場合など、色々なリスクを背負うことになるので金額が安くなります。

買取における費用の相場

基本的に必要になるのは、売買契約での印紙代です。印紙代は契約書記載の金額に応じて違います。適宜確認は必要ですが、目安としては3,000万円前後の取引で約1万円程度です。その他、住宅ローンが残っていれば、一括返済の手数料に数万円かかることもあります。場合によりますが、戸建て買取では基本的に高額な費用が発生することはほとんどありません。

ちなみに仲介の場合は、売却代金の約3%を手数料として仲介業者に支払います。買取ではこの仲介手数料が生じないため、数十万円にも及ぶ手数料を用意する必要がありません。また、仲介手数料には物件を売りに出す際の広告料なども含まれますが、当然これもかかりません。

戸建て(家・住宅)買取と税金

戸建て買取をした場合、どのような税金がかかるのか簡単にご紹介します。

不動産買取での課税については、仲介による売却の場合と基本的に同じです。物件の売却代金から取得費や諸費用を差し引いてもプラスだった場合には、確定申告をして、所得税と住民税を納めます。但し、買取は売却の場合と異なり市場価格よりも安い金額で取引されるため、所得がでないことも多いです。不動産売却と税金については不動産売却の譲渡所得 かかる所得税と納める時期は?を参考にしてみてください。

買取で高く売るためにできること

戸建て買取は、高い金額で売却するためではなく、確実に、できるだけ早く現金化するために頼むことが多いです。それでも、少しでも高く売るためにできることがあるので、ご紹介します。

最も効果的なのは、一括査定を活用して複数の査定結果を比較する方法です。不動産の買取では、物件の査定額がそのまま買取金額になることが多いです。このため、複数の不動産会社に査定を依頼し、最も高額で買取ってくれる業者を選ぶことで、少しでも高い金額で売却できます。

その他、不動産の「買取保証」を利用するという方法もあります。これまでご紹介した戸建て買取のやり方を、「即時買取」と言います。それに対し買取保証は、お持ちの物件を仲介と同じように市場価格で売り出し、一定期間で売却できなかったら仲介業者が買取ってくれる、というものです。買取業者にとっても仲介手数料が入るのでメリットは大きいサービスですが、買取の魅力であるスピード感がなくなるので、場合によっては活用できない方法となります。

戸建て(家・住宅)買取とマンション買取の違い

ここまでご紹介した戸建て買取の特徴は、マンションなど他の物件種別においても当てはまるものです。ここではマンションとの比較をしながら、戸建て買取ならではのポイントを簡単にご紹介します。

一戸建ての資産価値

一戸建てとマンションの大きな違いは、土地の比率と物件構造にあります。一戸建ての場合は木造が多く、建物の劣化が早い傾向にあります。目安として、10年経過で約半分、更に10年で建物の価値がほとんどなくなると言われます。一方でマンションは、建物自体に資産価値があり、鉄筋コンクリート造などが多いので経年による劣化は緩やかになります。

買取に向いている戸建てとは?

場合によっては、築古物件の価値はほぼ土地だけになっていることがあります。こういった物件は買い手がつきにくく、仲介での売却には向いていません。また、古い物件にはすぐには見つからない損傷などがある場合が多く、売却後に瑕疵担保責任(見えない損傷を売主が負担する責任)が問われることがあります。

しかし不動産買取の場合は、買主が宅建業者となるので瑕疵担保責任を問われることがありません。そのため築年数が経過している戸建てはより買取に向いていると言えます。

また、売買仲介に向いていない戸建てが買取に向いていると捉えることもできます。例えばあまりに広すぎる、もしくは狭すぎる土地に建った戸建ては、税金や再建築などの都合で扱いにくく買い手が見つかりにくいことがあります。こういった場合も、ノウハウのある買取業者に任せることでスムーズに売却できることが多いでしょう。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!