公的価格は、国が出す土地の基準

公的な機関が定期的に継続して全国的に地価を評価する制度は4つあり、その中の一つが公的価格(公示価格)です。誰もが安心して土地の取引を行える国の制度であり、国土交通省土地鑑定委員会が毎年1月1日時点の価格を公示し、3月下旬頃に新聞紙上などで公表しています。国税庁が出す相続税路線価や固定資産税評価額など他の公的評価額を出すための資料としても使用されており、土地の鑑定評価においては欠かすことのできない指標といえるでしょう。評価は国家資格を持った不動産鑑定士が行い、不動産取引における目安となるように標準的な土地の正常な価格を示します。目的は3つあり、「公共事業用地の取得価格算定の基準とすること」、「一般の土地取引価格の指標となること」、「適正な地価の形成に寄与すること」です。評価の時点でそこに建物などがあったとしても関係はなく、対象となる土地だけの価値を想定した評価ですので、所有する土地や希望する土地の客観的な価値を知ることができます。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!