住宅買取におけるつなぎ融資について

現在住んでいる住宅を売り、新しい住宅に住み替えすることを計画すると、現在の物件の売却と新しい物件の購入をすることになります。その場合、不動産会社などに依頼し、現在の物件の売却を開始することになります。そして、同時に購入物件を探す作業を進めると、購入物件は決まったのに現在の物件の売却が決まらないというケースも出てきます。新しい物件の売買契約締結をしたくても、住み替えの場合には、持ち家の住宅ローンを完済しなければ次の住宅ローンは契約できません。このような場合に対応するために、住宅買取保証とつなぎ融資は存在します。住宅買取保証とは、物件が期間内に売れなかった場合に、不動産会社があらかじめ定めた金額で住宅買取をするというものです。次につなぎ融資とは、住宅ローンの融資が実際に実行されるまで別のローンの借り入れを一時的に行うことです。物件が売れるまで短期間だけ借り入れをし、そのつなぎ融資金で住宅ローンの完済をし、物件購入代金分の住宅ローンを申込します。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!