マンション買取業者の特徴と業者の選び方

マンションの買取は専門の買取業者に頼むべきなのか、普通の不動産会社に頼んでもいいのか。それとも他にいい業者や業者の見つけ方があるのか、色々と気になることがあると思います。ここでは、マンションの買取業者の特徴や業者の選び方、選ぶ際の注意点などをご紹介します。

買取業者と仲介業者の違いは?

買取業者と仲介業者は、マンションを売りたい側から見れば同じ不動産会社かもしれませんが、やっていることは大きく異なります。具体的にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

マンションの買取と仲介

同じ不動産会社ですが、まずは双方が行っているビジネスの違いを確認しておきましょう。

買取業者はマンションを直接買取り、リフォームやリノベーションなどをして再度販売する業者です。できるだけ安く買って高く売ることが基本にはなりますが、マンションを一度買取ることになるので、資金力や在庫(すでに保有している物件)の影響も受けることになります。

一方で仲介業者は、マンションの売主との間で契約(媒介契約)を結び、別の買主を見つけて売買契約を成立させる業者です。不動産会社がマンションを購入する訳ではないので、できるだけ高く売りたいという気持ちが業者にはあります。

売主にとっての違い

買取業者と仲介業者では行っているこが異なるので、当然売主にとっても違いがでてきます。売主からみた、買取業者に頼む場合と仲介業者に頼む場合の違いについて見ていきましょう。なお、主な買取と仲介の違いについては不動産買取と不動産仲介の違いをご参照ください。

瑕疵担保責任

不動産の売買では、買主を保護するための瑕疵担保責任があります。瑕疵担保責任は、不動産に見えない疵(きず)があった場合に、一定期間は売主が責任を負うことを意味しています。しかし、売却した相手が不動産業者の場合にはこの責任を追う必要はありません。つまり買取業者に不動産を売るときには、売却後のリスクを負わなくて良いのです。

仲介手数料

仲介手数料というのは、不動産仲介に対する報酬です。このため、買取業者との取引には仲介が無いため手数料がかからないということになります。仲介手数料は売却代金から支払うのではなく、ご自身で用意する必要がある資金(持ち出し資金)なので、買取の場合にはこの負担がなくなります。

【参考】買取業者と仲介業者の専門性の違い

買取業者では、リフォームやリノベーションを専門的に行っている業者が買取再販をしている場合もあります。このため、仲介業者と比べると建築や設計に長けたスタッフが多いことがあります。売買以外にもマンションについて専門的なアドバイスを受けられるかもしれないので、参考にしてみてください。

買取業者の選び方

買取業者にも、買取を専門的に行っている業者やリフォーム業者、もしくは総合的な不動産事業を行う大手不動産会社など色々な業者があります。自分に一番合った会社は、どのようにして見つければいいのでしょうか。

買取業者ごとに違いはある?

マンション買取では大手が良いのか、それとも特定の地域に強い地元の業者が良いのか迷ってしまいます。結論は、「査定をしてみなければわからない」です。

確かに大手は資金に余裕があることが多いですが、買取業者はそれぞれに査定基準をもっているので、必ずしも高い査定を出す訳ではありません。中小であってもその時点で保有している物件がなければ、在庫確保のために高い査定をすることもあります。

業者ごとに強みなど色々な違いはありますが、売却する物件によっても違うので、まずは査定をしなければわからないことが多いです。

不動産買取は一括査定がおすすめ

具体的な金額では、大きい場合は数百万円もの差になることもあります。このため、査定をするときには複数の買取業者に査定を頼まなくては、納得して売却することができません。

そこで、一括査定を活用すれば手間をかけずに複数の業者に査定を頼むことができます。大小問わず、できるだけ多くの会社から査定価格を貰い、一番高かった会社に買取をしてもらうことで、後悔なく売却できるでしょう。

なお、マンション買取では、基本的には査定額がそのまま買取金額となることが多いです。しかし、業者によっては後々金額が変わってしまうこともあるため、契約を交わすまでは慎重に進めてきましょう。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!