「仲介」と「買取」のそれぞれの利点を把握することがポイント

思い出の詰まった大事な一戸建てをより高い価格で売りたいと思うのは当然のことです。
大切な資産を上手に手放す時にはポイントがあります。それは「仲介」と「買取」という2つの売却方法をうまく選択することです。つまり不動産業者に仲介を頼み高く買ってくれる買い手を探すのか、業者による買取によって直接不動産業者に売却してしまうのか選ぶことになります。どちらが良い方法かは、売却までにどれくらいの期間を待てるのか、売却価格の幅はどれくらい見ているかといった、売り手の事情によって左右されます。売却予想価格を高く設定し全然買い手が見つからないと、当然不動産価値は下がります。
そのリスクを背負うよりは、仲介より15から30パーセント安く売るものの早く手放したほうが結果的に利益になるというケースもあります。まずは、第一優先する売却条件を整理して不動産業者に相談し、自分にとってお得なのはどちらかを精査することが、最初に抑えるべき大事なポイントです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!