不動産買取と不動産仲介の違い

不動産を売却する時、とにかく高く物件を売りたい方もいれば、とにかく早く売りたい方もいると思います。不動産売却には幾つかの売却方法があるので、そういった高く売る、早く売るといった目的によって使い分けることをオススメします。ここでは、不動産を売却する時に考えたい「不動産買取」と「不動産仲介」についてご紹介します。それぞれ全く異なる特徴をもっているので見ていきましょう。

不動産買取と不動産仲介、それぞれの特徴は?

不動産売却と言えば多くの方は「不動産業者に売却を依頼し、その不動産業者が購入希望者を募り、条件が合った希望者とのあいだで売買が成立する」というイメージをお持ちではないでしょうか。こちらの一般的な不動産売却が、不動産仲介です。

一方で、不動産業者が購入者となる取引もあります。業者買取などと言われることもありますが、こちらが不動産買取になります。不動産を売る側からするとあまり違いがないように感じるかもしれませんが、はっきりと違いがあるのでご紹介します。

不動産買取の特徴

まずは不動産買取についてご紹介します。

不動産買取では、業者による買取が行われるので、売主(ご自身)と買主(不動産会社)の2者間での取引です。購入希望者を探したりすることがなく、両者が合意すれば売買契約が成立するので、比較的シンプルな取引だと言えます。

ちなみに買取業者は不動産を買い取った後、リフォームしたり再建築したり色々な付加価値をつけたりして物件を再販することになります。プロならではの販路を使って有効活用されるので、買取専門の業者がいたりもします。

不動産仲介の特徴

続いて不動産仲介についてご紹介します。

不動産仲介では、仲介を行う不動産会社は購入者ではありません。不動産会社は物件の査定を行い、売主との相談で売出価格を決めて物件を市場に流通させるのが仕事です。こうして公開された不動産が色々な媒体から将来の買主の目に触れることで、売買の成立に至ります。

このような不動産仲介では、売主・仲介業者・買主の3者が不動産に関わることになります。この3者の関係を明確にするためにも、売主は仲介業者との「媒介契約」と、買主との「売買契約」の2つの契約を交わして売買を進めることになります。

不動産買取と不動産仲介の違い

ここから、一般的な売却方法の不動産仲介と比較して、不動産買取にはどんな特徴があるのか見ていきます。

不動産買取のメリット

売却までのスピードが早い

不動産仲介の場合、売却依頼(媒介契約)後に買い手を探し、条件交渉などが発生するため、売却までに比較的時間を要します。

一方で不動産買取の場合は買い手が不動産業者となるため、買い手を探す手間を省くことや条件の交渉の負担を軽減できるので、短い期間で売却がおわる傾向にあります。

近所に知られることなく売れる

不動産仲介では物件に人が出入りしたり、インターネットで物件を公開することがあるので、家を売ろうとしていることがオープンになります。一方で不動産買取では業者との直接交渉なので、長い間物件を売りに出すということがありません。

また、物件の内覧対応が必要ないのも買取のメリットです。購入希望者が中を見たりすることなく、業者の査定で済むので、きれいに見せるなどの手間を掛けずに済みます。

仲介手数料がない

不動産仲介の場合は仲介業者に仲介手数料を払いますが、不動産買取では業者が介在しないので、仲介手数料が発生しません。不動産会社への仲介手数料は売買代金の3%程度なので、金額の大きな不動産取引では高額になります。この手数料がかからないのは、不動産買取のメリットでしょう。

瑕疵担保責任がない

不動産の売却には、買主を保護するための瑕疵担保責任というものがあります。売却した物件に隠れた問題があれば、一定期間(別途契約で決まりますが2、~3カ月が一般的)は売主の責任になるというものです。

しかし不動産買取では購入者が不動産業者、つまりプロなので瑕疵担保責任が生じません。そういった売却後の負担が小さいのも、不動産買取のメリットと言えます。

不動産買取のデメリット

金額が安くなる

不動産買取にはいくつものメリットがありますが、大きなデメリットは買取金額が市場価格よりも大幅にダウンしてしまうことです。(およそ6割程度とも言われます。)

不動産買取の場合は、業者が買い取った後に色々と費用がかかるので、金額が安くなると言われます。特に買取後に仲介業者へ支払う中間マージンや、リフォームやリノベーションの費用が買取業者には大きな負担となります。それに加えて、業者は価値をつけた物件が売れないリスクも負うことになるので、結果的に大幅な減額となるのです。

まとめ

不動産買取と不動産仲介は、売却側からすると売るという同じ行為ですが、要する期間や金額に大きな違いがあります。安くなってしまっても早く現金化したい時には不動産買取はメリットが大きく、一方で少しでも高く売りたいなら不動産仲介を選択することになると思います。ご自身の売却の目的に合わせて、使い分けていただければと思います。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!