アパート経営・マンション経営のメリット・デメリットとは

アパート経営やマンション経営には、メリット・デメリットが存在しています。
双方を取り上げて比較することにより、アパート経営やマンション経営を客観的に検討することが可能です。

アパート経営・マンション経営のメリットとは

・手軽に始められる

アパート・マンションの経営は、建物資産を購入して始めますが、金融機関のローンを利用できるため、高額の自己資金がなくても始められるのがメリットです。
家賃が収入となり、その利益から返済が出来るのも手軽に始められる理由です。

・長期に亘る収入確保

アパートやマンションは年数経過と共に価値が下がりますが、オーナーが適切な管理を行い、経営が順調なら長期的な収入源になります。
退職後に再就職しようと考えても厳しい状況があるため、不動産経営は安定した収入を得るための魅力的な資産だと言われています。

・生命保険代わりになる

戸建て購入と同様にアパート経営・マンション経営の取得でも、団体信用生命保険に加入できます。
オーナーに万が一の事があっても、保険会社によりローンが完済されるため、家族に対する負の遺産にならないメリットがあります。

家族が経営を引き継ぐことで収入源を残せますし、引き継がない場合は売却益が得られる点で評価されています。

詳しくは「アパート経営・マンション経営は生命保険代わりになる」をご参照ください。

・資産価値が変動しにくい

物価の変動に連携して起こるのが、貨幣価値の変動です。
しかし、アパートやマンションは、物価変動に影響されない資産として保有できるメリットがあります。

・税金対策になる

アパート経営やマンション経営では、土地だけを保有するよりも固定資産税が1/6になる優遇措置が受けられるメリットがあります。
また、相続税も軽減されるため、税金対策になるのも便利です。

アパート経営・マンション経営は節税対策として効果があるか」参照

アパート経営・マンション経営のデメリットとは

・老朽化に伴う空室

アパート・マンションは年数が経過すると老朽化が起こります。
老朽化したままリフォームなどのメンテナンスをしなければ、空き室が増え家賃収入が減少するリスクを生むと考えられています。

・ローン金利の変動

金融機関のローンを利用して物件資産を手に入れるため、ローン金利が変動すると返済の負担が大きくなります。
融資額が大きいほど、金利上昇の変動を受けるデメリットがあります。

・現金化が難しい

アパート・マンションは、現金化しようとしてもすぐに希望通りの価格で売却できる資産ではありません。
売却処分を検討しても時間がかかることがデメリットになります。

・防災面の管理

アパマン経営では、第三者に居住空間を賃貸するため、火災や地震など防災面の管理を徹底することが求められます。
個人宅よりもレベルの高い災害対策が求められるため、コストの負担が大きくなります。

・管理に労力がかかる

アパートもしくはマンションの見回り確認や修繕、家賃の回収など、オーナーが管理する項目は多様です。
管理会社に委託する場合は、手間や時間を省くものの管理費の支払負担が生じます。

アパート経営やマンション経営では、以上のメリットやデメリットがあります。
メリットを生かしデメリットを解消した経営にも役立つ情報になるでしょう。