アパート経営・マンション経営における空室リスクとは

アパート経営やマンション経営には、空室リスクがあります。
新築当初は魅力的な物件でも、経年と共にリスクの高まりが見えるなどの原因が潜んでいます。

事前に予防できる方法や、改善策についても取り上げます。

空室が続くことのリスクとは

アパート経営やマンション経営の収入源は、家賃収入です。
そのため空き室が多くなることによって収入が減少し、維持するための費用だけ掛かってしまうことになります。

何もしていなくても経費だけは掛かるので、ゼロではなくマイナスになっていくのが最大のデメリットだと言えるでしょう。
そのため、空室リスクは未然に防ぎ、実際に空室が多くなる傾向が見られたら早めに改善することが推奨されています。

空室リスクの原因とは

アパート経営・マンション経営に起こる空室リスクは、入居者が少ない時期などの原因も考えられますが、根本的な原因が5つあります。
まず、周辺の家賃相場と比較して高い、敷金や礼金が他と比べて高いという料金の問題が挙げられます。

次に、周辺にアパートやマンションの需要があまりない、または人気のないエリアだったというエリア選択の問題があるでしょう。
この問題は建設してからでは遅いので、経営を始める前に、じっくり検討しなくてはいけない項目です。

最後に、建物の老朽化が進み適切なメンテナンスを行っていないことから、入居者に魅力を感じてもらえないという問題があります。

空室リスクは予防できる

空室リスクの原因がわかったところで、改善や予防の手段を講じましょう。

これからアパート経営・マンション経営を始めるオーナーは、立地条件などの確認から検討して下さい。
建設してから建物ごと引っ越すことは不可能なので、エリア選択を間違えると収益物件としての魅力を損ねてしまいます。

家賃や敷金・礼金に関しては、オーナーの権限で変更できる項目なので、相場に適した再設定などの工夫が出来るでしょう。

老朽化によって魅力を感じてもらえないなら、リフォームなどを施して物件の価値を高めます。
物件の魅力を取り戻すための投資だと考えれば、空室リスクを予防して、安定した収益を得る結果につながります。

アパート経営やマンション経営では、最も大切な収入源である家賃収入を維持することが重要です。
そのため、空室リスクは原因に合わせた改善方法を、迅速に講じることをおすすめします。