不動産相続税の計算方法について

被相続人が死亡した時、相続する財産にはいろいろな種類があります。
金銭を直接相続することもあれば、土地や貴金属などの金銭ではないものを相続することもあるでしょう。

相続時には相続した財産に対して相続税がかかりますが、不動産を相続した場合の相続税の計算方法はどのようになっているのでしょうか。

不動産を相続した時の相続税はどうやって決まる?

相続税は、建物と土地で計算方法が変わります。

・建物の場合
まず建物の場合は、固定資産税評価額をもとに算出されることになります。
固定資産税評価額は、その建物の時価の約70%が基準と言われています。

・土地の場合
一方土地の場合は地価を元に算出されますが、その地価が決まる方法としては、路線価方式、または倍率方式で計算することになります。

路線価方式の計算方法

路線価方式とは、その土地が面する路線の価格をもとに計算する方法です。
土地そのものではなく、面している路線に評価額がついている点に注意してください。

まず、路線価図には「300C」など、数字とアルファベットが混在したものが記載されています。
数字は1平方メートルあたりの評価額で、アルファベットは借地権割合の数値です。

基本的な地価の計算方法は、『土地の面積×評価額』ということになります。
ただしこれは、土地の一辺のみが路線に面している場合の計算方法で、土地の二辺以上が路線に面している場合はまた別の計算方法があります。

さきほど出てきたアルファベットの「借地権割合」ですが、これは相続する土地が借地権だった場合に必要になるデータですので、相続する土地の所有者が被相続人である場合は不要です。

路線価図にはいろいろな記号があり、また計算式もやや複雑ですので、国税庁のホームページなどで読み方を確認しておきましょう。

倍率方式の計算方法

土地の中には、路線に面していないものや、路線価が定まっていない路線に面しているものもあります。
この場合は路線価方式が使えませんので、倍率方式という計算式を使うことになります。

倍率方式の計算式は『固定資産税評価額×一定の倍率』となります。
この倍率については国税庁のホームページで確認できますので、計算する場合は国税庁のホームページを参照してください。

不動産相続税を節税する方法はある?

不動産を相続する際、相続税を節税する方法としては以下の3つが考えられます。

・小規模宅地の特例
小規模宅地の特例とは、被相続人が住んでいた、または事業用に使用していた不動産を相続する際、一定の条件に当てはまると土地評価額が最大80%減額となる特例制度です。

・相続人を増やす
相続税は、基礎控除として、人数によって一定の金額が相続財産から控除されます。
そのため、相続人の数が多いとそれだけ基礎控除が増えることになります。

例えば、孫などを養子縁組して相続人とする方法なども取られることがあります。

相続税の計算方法は、土地が路線に面しているかによって変わってきます。
また、相続税の節税方法も合わせて押さえておくことが大切です。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!