不動産の相続にまつわるトラブルと回避方法

相続の際は予想もしないトラブルが起こることがあります。

今回は、不動産相続にまつわるトラブルの事例と、その回避方法を紹介させていただきます。
よくあるトラブルを事前に認識しておくことで、実際の相続に役立てていただければと思います。

不動産相続にまつわるトラブル:不動産の分割について

相続人が複数人いる場合、お金のように分けやすいものなら等分しやすく問題にならなくとも、不動産はそうはいきません。
分割が難しい不動産を数人が相続する場合は、その分け方でトラブルになることが多くあります。

また、その不動産に相続人の誰かが住んでいた場合、より複雑となることがあります。
自宅として住まわれていた方は、ご自身の家という感覚が強く、いざ話し合いによって協議しようとしても、それぞれの感覚が違うためなかなか結論に達しない場合があるのです。

また、ご両親の面倒をみていたなどの状況によって個々の主張も左右されてきます。

こういった状況を回避するには、生前贈与によって、その不動産の所有者を事前に決めてしまうという方法です。
ご両親と同居されている方、すでに家を出ている方など各々の生活環境を踏まえ、不動産所有者が生前にその不動産を相続してほしい人に贈与するのです。
そうすることで、兄弟間などでの不要なトラブルを防げるだけでなく、所有者の意向に沿った不動産の譲渡ができるのです。

不動産相続にまつわるトラブル:不動産の名義変更について

数人で不動産を相続したが、特に不便がないので名義人の変更をせずにそのままにしておくことも多いと思います。
しかし長い時間が経過するうちに相続人が増えてしまい、遺産分割協議がより難航してしまうということもよくあることです。

元々は相続人同士の意見が一致していたとしても、長い時間の経過によって意見が変わってしまうこともあります。
また、相続人同士の関係性に変化があることもあるでしょう。

相続人の結婚や出産、または死亡によってあらたな相続人が加わることで、それらはより複雑なものとなります。

こういった状況を回避するには、やはり早めに不動産の名義変更を済ませておくことです。
名義変更が済んでいなければ、実際に売却することもできないため、早めの手続きをおすすめします。

不動産相続にまつわるトラブル:相続税について

現金が手元になく、相続する不動産が自宅のみの場合。
場合によっては莫大な相続税を支払う必要がでてきてしまい、最悪自宅も手放さなければならない場合もあります。

これらの相続税の対処法は、生前から相続についてご家族で話し合っておく必要があります。
事前にどのくらいの税金がかかるのかわかっていれば、対策も打つことができます。

上記のように、不動産は分けにくい財産であるがゆえに相続の際多くの問題が起こる可能性があります。
事前に対策を打つことによって、不要な争いを避ける努力をするのも必要なのかもしれません。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!