土地活用のメリット・デメリットとは

土地は、使っていなくても税金や維持費がかかります。
そのため、使っていない土地があるのであれば有効活用した方が、収益を得ながら税負担を軽くすることができます。

土地活用をすることのメリット・デメリットについて

土地活用のメリットとしてまず挙げられるのが、税金対策になるという点ではないでしょうか。

土地は更地のまま持っていると、固定資産税の評価額は課税標準額が適用されます。
しかし、アパートやマンションなどの賃貸用住宅を建てることにより、税負担を軽減する小規模住宅用地の対象となるため、課税対象額が固定資産税は6分の1に、都市計画税は3分の1に軽減されます。

また、安定した経営をすることができれば、長期にわたって家賃収入を見込めることになります。

しかし、土地活用の方法によっては初期の段階で多額の資金が必要となります。
メリットばかりにとらわれて、綿密な収支のシュミレーションを行わないと、思わぬ負債を背負うことにもなりかねません。

土地活用の種類によるメリット・デメリット

・アパート経営・マンション経営
アパート経営をすることのメリットは、最初に建物を建てるコストがかかりますが、その後は借主がついてくれれば、安定した収益が得られることです。
デメリットは、借主がずっとついてくれるとは限らない点です。
建物は古くなると空室が目立つようになるため、それを補うためにはメンテナンスをしていく手間もかかります。

・駐車場経営
駐車場経営の場合は、初期投資があまりかからないメリットがあります。
デメリットは、アパートやマンションの場合と同じで、ずっと利用者が安定して確保できるとは限らないことです。

・借地経営
借地経営の場合は、長期契約になるため賃料を安定して取得できますが、自分が使用したくても使用できないという点がデメリットと言えるでしょう。

・土地売却
土地活用の最終的な手段としては、土地そのものを処分してしまうことが挙げられます。
使用しなくても税金がかかりますので、維持をするのにもコストがかかりますが、売却してしまえば維持のコストが必要なくなります。

・等価交換
土地の等価交換とは、土地を所有する地主が不動産会社などに土地を譲渡し、土地の評価額に相当する分を不動産会社が建築した建物から取得する仕組みのことを言います。
譲渡税の優遇措置があったり、自分で資金がなくても、不動産会社が建築したマンションや店舗から収入が得られるのがメリットとなります。
一方、実質的には土地の所有権を失うことになり、譲渡先の不動産会社の都合に影響される面が大きく、自分のイメージと離れた不動産を取得することになったり、転用がしづらくなるというデメリットもあります。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!