マイナス金利時代はタンス預金がお得!?

マイナス金利政策が導入された2016年以降、金庫の売上が上がったというニュースがありました。

2016年といえばマイナス金利とマイナンバーが大きな話題となっています。
この影響を受け、銀行に預けるのではなく、自宅などで現金を保管する「タンス預金」が増えているようです。

では、タンス預金はお得なのでしょうか?

マイナス金利がもたらしたタンス預金信仰

マイナス金利の影響で、定期預金や普通預金の金利は軒並み下降しました。
普通預金だけでなく、定期預金ですら金利は0.01%を切ることも珍しくありません。

0.01%といえば、100万円を預けても年間で100円の利息にしかならないということです。
銀行に預けていてもお金が増えない上にマイナス金利で預金が減るかもしれない、という銀行に対する不信感から、タンス預金に走る人が増えているようです。

しかし、本当にタンス預金はお得なのでしょうか。

タンス預金のメリット

確かに、タンス預金にはメリットもあるようです。

例えば、銀行の場合は「ペイオフ制度」というものがあり、銀行が破綻した場合1,000万円以上の預金は保護されません。
しかし、タンス預金であればペイオフの心配はありません。

また、今後銀行が預金管理手数料などの手数料を取り始めるのではないか、ということが言われていますが、タンス預金であればこのような手数料を支払う必要も無くなります。

タンス預金のデメリット

まず一番のデメリットは、盗難や自然災害などに遭う可能性がある点でしょう。

大きな地震や川の氾濫など、自然災害は日本に住む限りいつでも自分の身に起こりうる身近なものでもあります。
預金であれば、自宅が災害や空き巣などの被害にあったとしても、失う可能性は低いものです。
しかし、タンス預金は現金を持って行かれてしまったら終わりです。

また、マイナス金利は今のところ個人の預貯金には適用されていませんし、銀行が管理手数料などを取り始めるというのも噂にすぎません。
今の時点では、預金していた方が資産は増える可能性があります。
しかしタンス預金では資産が増える可能性はありません。

それどころか、タンス預金のために高額の金庫を購入することで返って損失が出ているという側面もあります。
また、懸念されるペイオフについても銀行を分散することでリスクヘッジはできそうです。
デメリットとして考えられていることの中には、必ずしもデメリットとは言えないものも含まれていそうですね。

マイナス金利によってタンス預金のほうがお得だと考えられがちですが、今のところタンス預金の方がお得だという根拠には乏しいようです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!