離婚時の住宅ローンの支払い方を比較する

離婚時、住宅ローンの支払いに関するトラブルを抱えるケースもあるでしょう。この時、どのような方法で住宅ローンを返済すれば良いのか比較検討しましょう。住宅ローンは夫婦と銀行(債権者)の間で交わされた契約ですから、勝手に名義を変更する、保証人を外れるなど、離婚をしても許されるものではないのです。
まず1つ目に不動産を売却した利益で住宅ローンを返済する方法です。この方法では任意売却によって住宅ローンが残った状態で抵当権を解除することが考えられます。
次に、財産分与という方法です。例えば、名義も住宅ローンも夫のもので契約者(夫)だけが住み続ける場合、不動産の時価から住宅ローンの残高を差し引いた不の財産を財産分与の対象とします。
また良くある方法として、それぞれの名義が夫にある状態で妻が住み続けるケースです。この時、引き続き住宅ローンの返済は夫が行う代わりに、財産分与の面で夫の方を優位に進めるなどの方法が取られます。
離婚時の住宅ローンの支払い方は様々なものがありますので、最適な方法を比較して決めましょう。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!