消費者金融と比較しても住宅ローンの金利設定は低い

住宅ローンを見ると特に驚きなのが金利の低さです。消費者金融業者の金利と比較してみますと、その違いの差は歴然と言っても間違いありません。消費者金融の年利については15パーセントから18パーセント前後になります。中には、20パーセント弱の金利を取るような業者もあります。
一方で、住宅ローンの現状の金利ですが、年利で1パーセント台から3ぱパーセント前後程度になります。非常に低いという事が理解できます。もちろんローンをする場所によっても違いが大きくあります。住宅ローンといっても実際にいろいろなところが行っていますので、非常に金利に差があるわけです。ただ、それでも他のローンに比べればものすごく低い設定なのです。
その秘密ですが、やはりローン金額の多さにあります。ローン金額の多さが出てきますと、ちょっとした金利でも大きな影響を受けます。仮に、3,000万円の住宅ローンで年利が15パーセントだったら年間の利息で450万円です。これでは返済自体ができなくなってしまうのです。以上の事から、住宅ローンの金利は低めに抑えられているわけです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!