失業時の住宅ローンの出費を考えて貯金すべき

本来、住宅ローンの支払いができないということはあってはならないことです。失業しても出費があることを想定した貯金が必要です。しかし、現実には頭金の支払いや日常生活で貯金ができないことがあります。
任意売却というのは、住宅ローンの返済ができなくなってしまったときに、住宅を自ら売却し、その売却金によって債務を減らすことを言います。
ただ、住宅ローンというのは、住宅を担保として金融機関から借りるものです。したがって、住宅ローンを完済していなければ、基本的には、勝手に住宅を売却することは認められません。
任意売却では、金融機関と交渉し、住宅売却の許可を得てから、売却活動を開始することになります。住宅ローンを滞納している人は、金融機関が売却許可を出してくれるかどうか不安に思う人もいます。実はそういう心配はあまり必要ありません。
というのは、金融機関にとっても、競売をするとなると手間がかかりますし、債権の回収効率も落ちますから、任意売却をしてもらう方が都合がいいのです。金融機関の方から、任意売却の業者を紹介してくれる場合もあるぐらいです。
金融機関との良好な関係を保ったほうが、その後の返済を考える上でも有利ですから、任意売却で競売を防ぐほうがおすすめです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!