住宅ローンの一括返済は手数料のかからない任意売却へ

住宅ローンの支払いが滞ってしまうことは考えられることです。その結果、一括返済を求められ、最終的には住宅を売却しなければいけなくなります。
住宅ローンは不動産を担保に入れたローンになります。基本的にローンが支払うことができなければ手放さなければいけません。
手放す時の方法には二つの方法があります。競売と任意売却です。どちらも返済するという意味では同じです。
しかし、注目していただきたいのが売却金額です。競売については、支払いができなかった債務者の物件として入札を行います。いくらで売れるのかという予想がつきませんし、最も大きな金額を掲示した方に売却されるのですが、基本的に安値になることがほとんどです。市場価格には届きません。
一方で任意売却は一般の不動産と同じように売却することができます。ですから、競売よりも高値で売却できることがほとんどです。また、任意売却を相談する際は手数料も発生しません。
その点も任意売却を重要視していただきたい理由の一つになります。任意売却で高く売却できたら、住宅ローンを一括返済できる可能性もありメリットが大きいわけです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!