返済額を考えて住宅ローンの一括返済は任意売却が最適

ある金融機関から住宅ローンの融資を受けて家を購入したのに住宅ローンの返済ができなくなった場合、2つの方法があります。一つは競売でもう一つは任意売却です。競売は金融機関がその不動産を差し押さえて一般公開して販売します。そして任意売却は住宅の所有者が金融機関の了解を得て、その所有者が売却手続きを行います。
さて、住宅の所有者にとって競売と任意売却のどちらがいいのかというと、以下の理由で任意売却の方がメリットがあります。交渉によっては所有者に負担にならない程度の金額で返済することができること、交渉によっては引越し代金の確保が可能となること、競売は一般公開されて所有者の情報がわかってしまう可能性があるものの、任意売却は秘密厳守で手続きをすることができることが挙げられます。住宅ローンが支払えないと一括返済を求められます。この時、返済額を考慮すると任意売却で残債を支払うのが現実的です。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!