住宅ローンの留意点を考える

多くの人にとって、マイホームは、人生最大の買い物です。マイホームを現金ないしは早期に住宅ローンを一括返済できる人は極めて少数派です。ほとんどの人は、いくらかの頭金を払い残りの支払いは長期の住宅ローンを組みます。
しかし、住宅ローンの留意点として、返済期間が延びれば延びるほど、その金利は大きな負担となってのしかかってくることが挙げられます。住宅ローンを考えるなら、まずは何パターンかの返済計画をシミュレーションすべきです。
住宅ローン金利だけでなく、総借入額、返済期間についても十分に考える必要があります。既に住宅ローンを返済中の人が、住宅ローンを払いながら、当分使う予定のない現金を銀行に預け入れしているのであれば、その現金は即座に住宅ローン返済に充てるべきです。
いまや普通預金、定期預金の金利は、限りなくゼロに近いので、預けておいてもいざというときの安心以外のメリットはありません。月々の返済額が決まっていても、それとは別に繰り上げ返済をすれば、総借入額が減少します。結果として、返済期間が短縮され、金利負担が軽くなります。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!