一括返済が難しい住宅ローンの支払いに関するポイント

住宅ローンの返済をする際には、返済能力を考慮することが大事です。一括返済できる資金を持っている方は少ないものですから、自分の年収に応じて無理なく返せる金額設定をする必要があります。借り入れの額は年収の5倍が目安となります。そして、返済負担は年収の25パーセントが一般的です。そのことから、住宅ローンを借りる際の大体の設定ができます。
注意が必要なのは、借り入れ期間です。最長35年で借りた場合に、完済し終わるのが定年後であれば、定年を迎えたときに収入が落ち込んでしまいますから大変です。定年前にローンの完済をさせるほうが安心です。自分の年収や年齢に応じて、無理なく返済できる金額と期間を考慮します。そうすると住宅を購入する際の予算がわかります。借り入れをするということは、利息を払うということでもあります。
余計な支出を増やさないように、早急に返済を済ませたほうが良いです。ただし、毎月の返済額を多くすると家計が苦しくなります。無理なく返済できる金額設定としておき、余裕が出れば繰り上げ返済をすることがポイントです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!