住宅ローンの延長は金融機関に申請をする

家を建てるにはお金が必要です。しかも、必要なお金は一般のサラリーマンの方の年収の数倍から10倍以上することが多いです。このような額を現金で一括で支払える方はほとんどいないです。したがって、どこかから融資を受ける必要があります。日本では金融機関から住宅ローンを受けて、それによって支払いを済ませることが多いです。しかし、融資を受けてから数十年先までローンが続くことが多いです。
返済期間が長くなるとネックになるのは利子です。特に最初の方は利子の分だけを支払っているような状況が続くのです。本当に住宅ローンの支払いを終わらせることができるのか不安になる方もいます。住宅ローンを返すことができなくなると大変なことが起こります。家を手放さないといけなくなります。それを防ぐには毎年計画的に返済をすればよいです。そして、返済が困難になってきた場合には、延長の相談をしておくべきです。そうすれば、多少は返済が楽になります。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!