住宅ローンの延長をしてもらうなら早期に相談をする

住宅ローンは将来の見通しを立ててから受けるべきです。返済をしなければいけない額がかなり大きいです。毎年どのくらいの額を返済しなければいけないのか、それを自分が支払う能力が本当にあるのかを見極める必要があります。そうしないと、後で住宅ローンが払えなくなってしまったら、悲惨な状況に落ち込んでしまいます。
また、最初に計画をした通りに物事が進むことはまれです。住宅ローンの返済は長い時間をかけることになるので、その間に不測の事態が起きてしまう可能性は十分考えられます。思わぬ出費が生じるかもしれません。そんな時は、住宅ローンの支払いが一時的に困難な状況になってしまうことがあります。その場合は、早期に延長に申し入れをしておくことが大切です。大抵の金融機関は延長を受け入れてくれます。延長をせずに事前に決められた通りに返済をしていると、途中で家計がかなり苦しい状況に追い込まれてしまうと予想できるのであれば、延長をしておきましょう。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!