競売書類が届くまでが任意売却のリミット

会社が倒産してしまったり、病気や事故が原因で失業してしまったりして、住宅ローンの返済が難しくなったとします。その場合、住宅ローンの滞納を続けていると、いずれ、住宅は競売にかけられてしまうことになります。競売になってしまうと、何の準備もできないままに突然、住宅から追い出されることになりますし、競売での落札価格は相場よりもかなり安くなりますから、残債も多くなってしまいます。
もしも、住宅ローンの返済が難しくなったなら、早めに任意売却を検討するべきです。任意売却というのは、競売の書類が届き、実行される前に、自らの意志で住宅を売却することを言います。この場合、競売よりもずっと高い値段で売却できますし、引越しの時期の調節も可能です。また、金融機関との交渉次第では、引越し時の費用を用意してもらえる場合もあります。
任意売却をする場合の注意として、売却のための宣伝活動時間も必要です。現実的には競売開始決定の通知書類が届くまでが決断のタイムリミットとなることを覚えておいてください。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!