債権者と相談して任意売却をすべき

住宅ローンの返済を組む時は、月々の支払いに困る事はないと思いがちです。しかし、事情で働けなくなったり、住宅ローンの返済が困難になる場合もあります。返済が出来なくなって競売にかけられる前に、任意売却をする事によって状況が変わる事もあるので、相談してみると良いです競売にかけられると、とても安い金額で家が売られてしまいますが、任意売却をすると市場相場に近い価格で売却が可能です。
任意売却をした事は誰にも知られずに売却出来ますし、仲介業者に相談するときの仲介手数料のような費用負担がありません。引っ越し費用の捻出も大変な経済状態ですが、債権者との交渉で費用を確保出来るので安心です。
任意売却をすると残債務が残りますが、債権者に対して自分の返済可能な範囲で返済が可能です。また、自己破産にはならないので、その後の生活の規制もなく、生活を立て直しやすいです。任意売却をする事によって住宅ローンから解放されるので、苦しまないで任意売却を考えてみる事をおすすめします。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!