任意売却は金融業者も債権を回収しやすい

住宅ローンは大きなローンになります。2,000万円や3,000万円にもなる場合もしばしば起こります。それだけ大きな額になりますから、毎月の負担も大きいです。もしも支払いができなくなってしまいますと住宅を手放さなければいけません。
住宅を手放すケースですが、任意売却というものがあります。任意売却を行うことで、住宅を失いますが、住宅ローンの支払いがほとんどなくなることも多いです。任意売却をした金額を、住宅ローンの残りの支払いに充てることができるからです。仮に残りの借金額が1,000万円の状況で住宅を800万円で売却できたら、残りの借金額は200万円となります。したがって、任意売却後の生活は、かなり好転することも考えられます。
金融業者からしても債権を回収できますから、競売よりも任意売却を行った方が良いと考えることもあります。したがって、住宅ローンの支払いが滞るような状況では、任意売却は是非とも活用すべき方法です。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!