債務者の任意売却後の不動産を融資残額回収するサービサー

住宅ローンが何らかの理由で返済不能に陥った場合、債務者は所有する不動産を競売又は任意売却により債権者(金融機関)に債務を返済しなければいけません。処理に時間と手間がかかる割に売却価格は低くなる競売に比べ、任意売却は費用や売却価格に自分の意意思をある程度反映できるメリットがあります。債務者は任意売却を選択する傾向があります。
しかし、不動産の任意売却を行っても売値よりローン残額が多い場合は債務が残ります。このような場合、残債はサービサーに債権として買い取られ、債務者はサービサーに対して債務が生じることになります。サービサーとは、委託を受けて債権の管理又は買い取り・回収業務を行う民間会社で、最終的に金融機関や保証会社から譲渡される形で業務を行います。
サービサーは基本的に不良債権回収を目的とした会社ですが、取立てに関しては法律により規制を受けているので、強硬的な業務は禁じられています。残債の管理・買い取り・回収を自らが債権者として行う他に、債権者からの依頼を受ける場合があり、銀行やクレジット会社系列、不動産専門のサービサーもあり、住宅金融支援機構が融資する住宅ローンも残債処理を依頼しています。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!