債務者の支払いと任意売却により一戸建ての売却を行う

任意売却と言うのは、住宅ローンの借主側でもある債務者と、住宅ローンを貸し出している金融機関でもある債権者との合意のもと行なわれるものです。
一戸建てをはじめとした物件の返済が滞った時、入札が開始される前に、債務を整理し、競売の対象となりえる不動産を自ら売却する事を任意売却と言います。
通常、債務者が住宅ローンの返済の支払いが困難になると、債権者は担保となっている不動産を差し押さえして、不動産を競売にかけます。裁判所に対しての申立を行います。
しかし、不動産を競売ではなく、不動産所有者と各債権者の合意のもとで行われる手法であり、競売よりも有利な条件で売却する事が出来ると言うメリットがあるのです。
任意売却は、一般の不動産会社に売却を手伝って貰う事になります。市場価格に近い形で処分が出来ると言うメリットが有ります。
不動産を処分しても、住宅ローンの債務は自己破産をしない限りは残ります。少しでも高い値段で売却をした方が後々良いと言う事なのです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!