一戸建ての任意売却で債権者を驚かせる

一戸建ての任意売却は債権者も待ち望んでいる方向である場合が多いのも最近の傾向です。債務者側にもメリットが大きい任意売却ですが、競売にかけるときよりも多くの資金回収が見込まれる場合も多いからです。
つまり、債権者も早期に資金を債務者から手にすることができることにも繋がります。完済に向けての行動選択の一つとして、不動産ローンを滞納しているのであれば、競売の前に任意整理を求める声も高まっています。できるだけ多くの可能性を残してくれる一戸建ての任意売却は債権者が納得のいく価格呈示が成された場合、債務者が予想している以上の小さな残債のみが残ることも十分考えられます。
そればかりか、引越資金の確保ができることもあります。多くのメリットが潜んでいるからこそ、競売という事務的なものに身をゆだねるのではなく、一戸建ての任意売却を利用して、債権者が唸るような価値を見出すことができれば、相談する価値があったと評価できるはずです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!