優良物件となっている不動産をより高い付加価値を付けて研鑽するというと  

高い付加価値を付けて研鑽することは、高付加価値に価値を見出せる経済的余裕のあるお客さんの興味をひきつけることになります。優良物件となっている不動産により高い付加価値をつけていくことが、これから物件管理会社が安定的に収益を上げていくには必要なことだと思います。

なぜならば、優良物件の数自体が少なくなっているという状況において何とかして優良な顧客の目を高付加価値な不動産にひきつけておけば、そのほかの物件の販売も何とか進めていく余裕が出てくるからです。

高付加価値の例としては、たとえば地盤がしっかりした丘の部分の不動産物件で、なおかつ温泉を掘り当てていて、天然温泉が毎日楽しめることなどを挙げることができます。

もしくは、畑などにも使える広大な土地をセットでつけておいて、山林などの管理は管理会社のほうでやっておくことにするという付加価値もあります。

要するに、継続して定住してもらって手数料などを支払ってもらえるような付加価値を付けて、研鑽しておけばあとになって安定収益になるわけなのです。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!