礼金のない物件も

賃貸住宅に入居する時、敷金や礼金という言葉をよく聞かれるでしょう。敷金とは預け金のようなもので、退去時に返却されるのが一般的です。家賃滞納時の保証金という意味合いがあります。
それに対して礼金とは、読んで字のごとくお礼の意味で渡すお金で返却はされません。言ってみれば、今後よろしくお願いしますという意味で大家さんに渡す入居のお礼です。入居者が入れ替わるたびにお礼として現金が手に入るので、賃貸管理は出入りが激しいほど儲かるなどと言われた時代もありますが、そういった考えはもう古く、礼金のない物件も多くなりました。
このように賃貸管理は時代と共に変わっていきます。保証金の意味合いの強い敷金をなくすことは以前なら考えられないことでしたが、最近は敷金なしの物件も見かけるようになりました。
賃貸管理は時代の流れとニーズを読み取る事ができなければ失敗します。以前ならほとんどなかった家賃の値引き交渉も今では当たり前のように行われています。大家さんの立場が強い賃貸管理は既に古く、これからは入居者に選ばれるような賃貸管理をしなければなりません。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!