留守宅をリロケーションで貸し出すメリット

突然の転勤などで自宅を離れる必要が出た場合、賃貸物件に住んでいるケースの場合は新たな場所に引っ越すだけであり、残る家族がいる場合には後を任せればいいことになります。しかし自分で新居を建ててローン返済中という状況にある場合にはそう簡単に家を留守にして、別のところで家賃の負担をすることは厳しくなります。
戻ってくる可能性が無いならば売却してしまうことも可能ですが、バブル期やまだ土地価格が高い時期に購入した場合は売却してもローン返済額に達しない可能性があります。逆に時期が来れば戻ってくることが確実であるならば、せっかく建てた家を手放すことに抵抗を感じることもあります。
そんな時に有効な方法としてリロケーションがあります。従来の借家法ではいったん貸してしまうと明け渡しにトラブルが発生することも多くありましたが、平成12年3月に定期借家権が施行されたことによって期限付きで留守宅を貸し出すことも可能になりました。そのため留守宅を貸し出し、家賃収入をローン返済に充てることが出来るというメリットもあります。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!