マンションを他人に貸す

分譲マンションを購入し、結婚や転勤といった事情によりその場所から離れなくてはいけない場合、売却という手もありますが、マンションを貸す方法をとる人が多い傾向にあります。分譲賃貸マンションという形になり、通常の賃貸より家賃は高いですが、設備が整っているせいもあり人気は上々です。
業者が行っている場合はともかく、前出のような理由の場合、個人同士で契約を交わすよりやはり不動産会社に委託した方が賢明と考えられています。まず人に貸すとなると賃貸契約が発生します。その場合宅地建物取引主任者資格(宅建)が必要になります。契約を不動産会社で代行してもらえたとしても、家賃の集金やトラブルの対応のように、遠くにいては対応できないことが起きないとも限りません。また空室になった場合、次の入居者が入るまで収入はありませんので、すぐに探さなくてはいけません。このような対応をしてくれるのが不動産会社ですので、リスクを少なくするには不動産会社を通した方が無難だといえます。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 全国対応!!