無料と有料の不動産査定は違う?手数料・費用以外にもある無料・有料の差異

不動産査定には無料のものと有料のものとがあります。ご自身が所有する不動産がいくらで売れるのか調べたいと思った時、その違いについて気になるのではないでしょうか?もし費用をかけずに済むのなら無料で済ませたいのではないでしょうか。

当記事は無料と有料の不動産査定の違いについてご紹介します。不動産査定のどのような点に注意すれば良いのか、そして最終的にどちらを選択すればいいのか、確認していきましょう。

不動産査定における無料・有料の違い

不動産査定における無料と有料の違いについて見ていきましょう。

無料査定と有料査定では使うシーンが異なる

無料と有料の不動産査定には主に2つの違いがあります。

  • 査定する人
  • 査定の目的(査定書の役割)

それぞれ詳しくご紹介します。

不動産会社による無料査定と鑑定士による有料査定

無料査定は不動産会社の担当者が行います。担当者は築年数や広さなどの不動産情報や、役所の登記記録、さらに場合によっては物件に足を運び、日当たりや面している道路など現場で得られる情報を加味し、査定を行います。

有料査定は、不動産鑑定・評価に関する国家資格を持つ専門家(不動産鑑定士)によって行われます。不動産査定を行う基準を定めた「不動産鑑定評価基準」を元に、不動産鑑定士が価値を鑑定・評価するので、より厳密な査定だと言えます。

無料査定・有料査定それぞれの査定目的

無料査定では、「これくらいの金額で売却できそう」という市場価格が算出されます。市場で取引される価格を知った流れで不動産売却することもあるので、不動産会社は営業活動を兼ねて、手数料や費用も一切なく無料で査定を提供しています。

有料査定では不動産鑑定書が発行されます。有料査定の不動産鑑定書は裁判所や税務署への提出書類として用いることができます。遺産分割などで揉めた時などに不動産価値を確定させる必要がある時などに、料金を支払って不動産の価値を証明することになります。

無料・有料は目的が違うので、どちらが良いかを比較するものではありません。市場価値を知りたければ無料査定、公的な証明には有料査定を使うことになります。有料査定だから査定評価額が高い、無料査定だから問題があるなどということはありません。

無料査定で貰える査定書の内容は?

無料査定を依頼すると、不動産会社から査定書を貰うことができます。

○無料で貰える査定書の主な記載内容
  • 不動産売却の流れ
  • 査定物件の概要
  • 周辺地図
  • 路線価(宅地の評価額)
  • これまでの成約事例
  • 査定金額と計算の根拠
  • 査定額
  • 売出提案価格
  • 法務局資料(謄本や測量図)

ご覧のように、無料査定でも市場価値を把握するために必要な情報が記載されています。マイホームの価値を知りたい・売却を検討しているということであれば、無料査定で十分な情報が得られます。

まずは無料査定をしてみましょう

不動産査定をしたら媒介契約を必ず結ばなければいけない、というわけではありません。不動産会社も査定したすべての人が売却するとは考えていませんので、一度査定してみてはいかがでしょうか?

こちらからオンラインで簡単に無料査定を依頼することができます。

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

注意事項本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

注意事項査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

無料の不動産査定で気をつけておきたいこと

不動産の無料査定を依頼する場合、不動産会社によって査定金額や担当者の良し悪し、得意とする物件の種類などが色々と異なるのをご存知でしょうか?どのような点に気をつけたら良いのか、確認していきましょう。

査定内容の違い

不動産会社によってどんな違いがあるのか、ご紹介します。

不動産会社の得意な物件種別による違い

不動産会社によって得意分野(取り扱い件数)が異なります。マンション査定のノウハウが豊富な会社もあれば、土地の査定に注力している会社もあります。また特定地域の不動産査定に長けている不動産会社や、全国的なネットワークを強みとしている不動産会社もあります。

不動産査定では、相性のいい不動産会社に依頼することで高い金額で査定して貰えたり、短い期間で売却してもらえたりする可能性が高くなります。

不動産会社の重視するポイントによる違い

不動産会社によって重視しているポイントにも違いがあります。 例えば、事務的でもスピード感をもって仕事する会社もあれば、気持ちのいい対応で顧客とじっくり向き合う会社もあります。不動産会社の特徴は色々あるので、実際に連絡をとって査定額以外の対応を見極めるといいでしょう。

一括査定なら手間なく不動産会社を比較できる

不動産査定の結果は不動産会社や担当者によって違います。不動産会社をどうやって見つけるか迷ったら、一括査定サイトがおすすめです。一括査定を使えば、無料で簡単に複数の不動産会社に査定を依頼できます。

複数の不動産会社を比較して、ご自身に合った不動産会社をじっくり腰を据えて選びましょう。

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

注意事項本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

注意事項査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

無料査定は査定額だけでなく売却までの流れが大切

もし不動産売却を検討しているなら、無料で算出された査定額と最終的な売却代金は異なることにも気をつけておきたいところです。

不動産査定から売却までに目にする4つの金額

不動産査定・売却で目にする金額をいくつかみていきましょう。

査定書に記載の査定額

周辺相場や取引事例、不動産会社のノウハウを持って計算された不動産の見積もり金額です。

売却する場合の売出価格

査定額を元に決める、市場に売り出す金額です。希望価格や、売却時期でも売却の見通しは変わるので、所有者と不動産会社で相談して決めることになります。

購入希望価格

買い手側から購入申込みが入った時の金額です。売出価格よりも低く提示されることが多く、ここで金額交渉などが行われます。

成約価格

価格交渉の末に決まる、最終的な金額になります。

不動産査定から売却までの流れ

複数の会社に不動産査定を依頼してみると、金額に大きな差が生じることがあります。

一番高い査定額が出た不動産会社に依頼したいところですが、査定額=売却額ではありません。不動産はいくつかの段階を経て売却をするので、複数の不動産会社とやり取りをして依頼する会社を見極めましょう。

まずは不動産査定から始めることで、売却するかどうかの判断ができます。

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

注意事項本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

注意事項査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 最大6社に一括依頼!