「戸建て住宅ではなく古家付き土地としての評価額を査定してもらい、売却することにしました」

お名前 F様 物件所在地 長野県

上田市
性別 女性 物件種別 古家付き土地
年齢 50代 契約形態 専任媒介
リビンマッチ利用時期 2020年3月 査定

最高価格
1,000万円
媒介契約

締結時期
2020年3月 査定

最低価格
230万円

 

売却を決めた理由は?

母が引っ越して私と同居することになり、母の家が空き家となるため、その対策として売却を決めました。

もともとは父と母が二人で住んでいた家でしたが、父が他界し、しばらくは母1人で生活していました。
しかし、母が1人で住むには広すぎて不便で、娘の私と同居したほうがお互いにとって何かと楽だと言う話になり、同居する運びとなりました。

このまま持っていても税金がかかり負担となるので、売却することにしました。

査定依頼をしたきっかけは?

不動産の売却は人生で何回もするものではないこともあって、当初はどこから始めたらいいか全くわからなかったというのが本当のところです。

まずは売り方を調べようと、インターネットで「不動産 売却」と検索。すると、一括査定サイト「リビンマッチ」が出てきて「無料だし使ってみようか」くらいの軽い気持ちで利用しました。

リビンマッチで複数の不動産会社を紹介してもらい、比較を重ね、一社と専任媒介契約を結びました。

不動産会社を選んだ理由は?

専任でお任せしようと思った理由は2つあります。査定額が高かったから、そして担当者の対応が良かったからです。

家が古かったので、戸建て住宅ではなく古家付き土地としての評価額を査定してもらいました。 住宅ローンの残債があったため、損をしないようにと少しでも高く売るための工夫して、査定額を出してくれたようです。

そして何より担当者が優秀な方でした。
地元の宅建業界の人に話を聞いたところ、地元の不動産業界では有名な方で、その人に任せておけば大丈夫と太鼓判を推すほど。

実際にお会いして話を聞くと、不動産の知識がかなり豊富で、こちらの質問にすぐに回答してくれて、わからないことを丁寧に説明してくれました。

書面で詳細な資料を事細かに出してくれて、熱意も感じられました。そのため、不動産に詳しくなくても、この人なら大丈夫だと安心して任せることができました。

売却先はどのように決めましたか?

専任媒介契約を結んで、わずか一か月で無事に売ることができました。

買い手は隣の方で、もともと会社を経営しており、その関係で土地が欲しかったそうです。前々から「売らないか」と相談を受けており、そのたびに保留にしていましたが、他の知らない人に売るよりも知っている人のほうが信頼できるし安心できると思い、担当者を通して売却することにしました。

編集部コメント:
古家付き土地での売買なら、家屋の撤去は土地の買主が行うことになります。戸建てとして売却するか古家付き土地として売却するか、特に規定された基準はなく、一般的には老朽化具合や利用可能性によって判断されます。 家の老朽化が進んでいたという今回のケースでは、古家付き土地として売り出すことで家の取り壊し費用を負担がなくなり、さらに買い手も見つかりやすくなっていたようです。
  • プライバシーマーク

    個人情報の保護

    当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報等は大切に保護されています。

  • 2006年からの運用実績! 最大6社に一括依頼!