■空き家問題が増えている

不動産業界では空き家問題が

増えているそうだ。


地方の人口の過疎化が一つの原因

とされている。


他にも、平成27年の相続税の

増税に伴った新築物件の増加している。

それも、空き家問題を加速させている

一つの原因だろう。


何故、相続税の増税に伴って

新築のマンションやアパートが増加

しているのかと言うと、相続の際に財産を

評価するには評価の基準があり、

最も価値があるとされ   るのは

現金で、土地になると評価が下がり、

更に建物がその上に乗っかると評価が

更に下がると言う仕組みだからである。


地域で言えば、例えば空き家の

増加率が高いとされる神奈川県は

急激に空き家率が高まっている。

2016年1月のデータによると

35.5%の空き家率と公表されている。

これは相続税の増税に伴った結果である。



■これからの時代に家は余るのか!?

これからの時代に家は余るのだろうか。

社会の情勢を見る限り、恐らくだが、

どうやら土地や建物を持つ人間と、

それを借りる人間に分かれそうなので、
一概には不動産を持つ事が間違っている

とは言い切れないと思う。

現に良い立地の物件には

人が集まっている。


おそらく空き家問題が

最も深刻化するのは

少子高齢化や人口の減少が

増加する更に未来の話であろう。


そういった際に如何に余っている

不動産を上手に利用するかが

求められるかもしれない。


■空き家をリノベーション
この空き家問題も決して

暗い話ばかりでは無い。

例えば、地方ではそれなり

に広い家を都市部と比べると、

とても廉価で借りられるそうだ。


使ってくれるなら安くして

おくから使って欲しいと言う

声も一部の人ではどうやら

あるらしい。


おそらく貸す側も

持て余しているよりも、

家を使って貰った方が、

建物が長持ちするし、

貸す事により固定資産税の

足しになるのだと思う。


他にも、最近では古民家の

リノベーションなどをして、

再利用をするような

取り組みも各地で始まっている。


地方の古民家をリノベーション

してゲストハウスやシェアハウスを

運営しようとする取り組みも

始まっているそうだ。


空き家問題はある側面から

見ると深刻な問題だが、

別な側面から見ると多くの人が

住宅に興味を持ち、気軽に不動産を

扱える世の中が来る日が

近いのかもしれない。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 588

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧