2020年03月30日
リビンマガジンBizNews

東京建物 就業時間内の全面禁煙を開始

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

東京建物 就業時間内の全面禁煙を開始




不動産大手の東京建物(東京・中央、野村均社長)は、改正健康増進法の施行にあわせ2020年4月より就業時間内全面禁煙を実施する。同社が発表した。

記者発表によると、喫煙による疾病の予防および就業時間中の周囲に対する配慮(受動喫煙・三次喫煙・不快感の解消)を目的として、現在2割程度の喫煙率を2022年度までに12%以下にすることを目指す。

東京建物では、2017年から禁煙について取り組んできた。日にちや、曜日を区切って、就業時間内の禁煙に取り組んできた。また、禁煙に取り組む社員向けにプログラムを実施するなど、喫煙率低下のために支援を続けてきた。


東京建物では、グループ各社でも、禁煙に関する取り組みを開始する予定しており、今後も「東京建物グループ健康経営宣言」を発信して、健康経営を推進していくという。


以下プレスリリースより

≪東京建物の禁煙に向けた主な取組み≫

2017年~ 毎年5月31日の世界禁煙デーに、就業時間内禁煙を実施


2019年10月~ 毎週月曜日・金曜日を禁煙デーとし、就業時間内禁煙を実施


2019年12月~ 禁煙支援としてオンライン禁煙プログラムの実施(健康保険組合が費用全額負担)


2020年4月~ 就業時間内全面禁煙を実施(休憩時間は除く)


2022年度まで 喫煙率12%以下を目指す




  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 146

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧