2020年05月01日
リビンマガジンBizNews

スマサポ IoTキーボックスを活用し非対面で内覧が可能に

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

スマサポ IoTキーボックスの活用で非対面で内覧が可能に


スマサポ(東京・中央、小田慎三社長)は、同社が提供するIoT鍵ツール「スマサポキーボックス」を活用し、賃貸物件の内覧から契約までのプロセスを非対面で完結した成約事例が出てきたと発信した。



画像=プレスリリースより


「スマサポキーボックス」を募集物件の扉に取り付け、専用アプリをインストールしたスマートフォンで開錠すれば、中から部屋の鍵が取り出せる。非対面で鍵の受け渡しが可能になるため、今回の新型コロナウイルス影響下で不動産会社スタッフが内覧に同行できなくても入居希望者だけで内覧することができる。同社では、このキーボックスに加え、内覧履歴データを送るサービスを約1年前から実施してきた。


非対面で内覧した入居希望者からは、「感染リスクがなく安心」「時間調整をしなくて楽」、不動産会社からは「テレワークが導入できた」「接客の面で効率化できた」といった声が上がっているという。同社では、「今回の事例をもとに、今後もオンラインで完結する非対面の不動産契約を促進していきたい」としている。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 101

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧