2020年05月22日
リビンマガジンBizNews

Live Search 空室期間を集計する自動分析ツールをリリース

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

Live Search 空室期間を集計する自動分析ツールをリリース


Live Search(福岡・中央、福井隆太郎社長)は、不動産事業者向けに物件撮影をアウトソーシングするクラウドサービス「Live Search」内で、空室物件の空室機関を測定する機能「空室期間自動分析ツール」の無料提供を開始した。



画像=プレスリリースより


同ツールは、空室物件の退去から入居までの空室募集期間を測定して、管理物件の収益パフォーマンスを管理できるアナリティクス機能。


間取り別やエリア別に自動測定が可能となり、有料プランでは他社管理物件の空室期間との比較ができるため、自社管理物件のパフォーマンスの状況を把握するのに活用できる。利用は、同社サービス「Live Search」の契約者が対象となる。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 47

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧