2020年07月17日
リビンマガジンBizNews

大京 横浜・再開発施設内の分譲マンション名称を「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」に

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

大京 横浜・再開発施設内の分譲マンション名称を「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」に


大京(東京・渋谷、小島一雄社長)は、横浜市瀬谷区での再開発施設「ライブゲート瀬谷」内に建設中の分譲マンションの名称を「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」に決定した。



画像=プレスリリースより


同マンションは、建物南側3~10階の全144戸で構成され、2021年9月に竣工予定だ。間取りは1LDK+Sから4LDKと幅広い生活スタイルに対応する。マンションと一体となった複合施設「ライブゲート瀬谷」は、飲食店やスーパー、金融機関等の商業施設や、区民文化センターといった公共施設が入る予定で、瀬谷駅から直結の徒歩1分の立地。


相鉄本線瀬谷駅は、2019年11月に相鉄・JR直通線が開通したことで、新宿・渋谷・池袋に直接アクセスが可能になった。都心通勤者が住む新たなエリアとして期待され開発が進んでいる。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 76

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧