2020年08月13日
リビンマガジンBizNews

日鉄興和不動産 分譲マンション住民向けシェアリグエコノミーツールを開発

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

日鉄興和不動産 分譲マンション住民向けシェアリグエコノミーツールを開発


日鉄興和不動産(東京・港、今泉泰彦社長)が運営する住まい研究所「+ONE LIFE LAB」(プラスワンライフラボ)は、カスタメディア(大阪・ 宮﨑耕史社長)と共同で分譲マンションの住民間シェアリングエコノミーツール「シェアコム」を開発した。

画像=プレスリリースより


同ツールでは、分譲マンションの住民と住民の間で、モノの貸し借りや売り買いを仲介するだけでなく、住民が持つスキルのシェアリングが可能。専用のポータル上で住民同士がコミュニケーションを取り合いマッチングを図る。モノの受け渡しは、マンション内の宅配共有ボックスを利用するなど、直接顔を合わせなくてもスムーズにやり取りできる仕組みを取り入れる。


日鉄興和不動産が2020年12月より販売開始する『リビオレゾン松戸ステーションプレミア』で導入が決定しているという。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 55

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧