2020年08月20日
リビンマガジンBizNews

YOLO JAPAN 外国人向け多言語不動産情報サイトをスタート

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

YOLO JAPAN 外国人向け多言語不動産情報サイトをスタート


YOLO JAPAN(東京・港、加地太祐社長)は、外国人向け賃貸物件を掲載する多言語不動産情報サイト「YOLO HOME」の提供を開始した。


画像=プレスリリースより


同サイトでは、東京・大阪を中心に約5万件の外国人が入居可能な物件を掲載。手続き時の日本語の不自由を解消するため、多言語対応可能な仲介会社につなぐ仕組みを構築した。外国人労働者の社員寮にも対応し、個人から企業まで幅広く利用できるようにしている。


サービスリリースにあたって、同社は2年にわたって在留外国人に対し賃貸に関するアンケートを実施し、何が困難になっているかを調査した。結果、部屋探しをしたことがあると回答した人のうち「外国人という理由で断られたことがある」と答えたのは43%を占め、「契約手続きも煩雑で物件探しが困難だ」と感じる人は44%だった。



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 34

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧