2020年08月21日
リビンマガジンBizNews

名古屋駅徒歩圏で最高層の分譲タワーマンションが着工

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

名古屋駅徒歩圏で最高層の分譲タワーマンションが着工


総合地所、名鉄不動産、京阪電鉄不動産、大和ハウス工業、三交不動産、住友商事の事業主6社は、名古屋駅周辺で最高層となる分譲タワーマンション「NAGOYA the TOWER」を着工した。



画像=プレスリリースより


JR名古屋駅から徒歩13分の計画地に、敷地面積5,898.70㎡、地上42階地下1階建、高さ約149.1m、総戸数441戸の予定で建設が進められている。竣工は2023年4月予定。


デザイン監修は、建築家の光井純氏が担当。外構に緑豊かなプライベートガーデンを設け、高層階にはエグゼクティブラウンジを取り入れる。コンシェルジュサービスやゲストルームも設置し、上質な暮らしを提供する。


リニア中央新幹線の開通に向けて再開発が進む名古屋で、新たなランドマークとなることを目指していくという。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 46

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧