2020年08月25日
リビンマガジンBizNews

リーウェイズ 不動産市場分析ツールに水害ハザードマップを追加

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

リーウェイズ 不動産市場分析ツールに水害ハザードマップを追加 


リーウェイズ(東京・渋谷、巻口成憲社長)は、国土交通省が発表した宅建業者に対する不動産取引時の水害ハザードマップを使用した対象物件のリスク説明の義務化に対応し、不動産事業者向け市場分析ツール「Gate.Market Survey」に水害ハザードマップ情報を追加する。



画像=プレスリリースより


「Gate. Market Survey」は、町丁目ごとの人口比率や世帯割合などの基本情報から、賃料の分布や、賃料下落の推移といった相場情報、その他、将来の建築情報など不動産取引に必要な30以上の項目をワンクリックで出力できるサービス。


今回の機能追加によって、指定した駅や住所周辺の水害ハザードマップ(洪水・津波)が表示される。指定避難所や浸水想定区域、津波浸水想定区域などのデータが選択でき、地図上に表示される仕組み。


ハザードデータを表示した地図とともに凡例や説明、注意点などを一括でダウンロードや印刷が可能のため、重要事項説明時に活用できる。2020年8月28日リリース予定。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 56

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧