2020年09月18日
リビンマガジンBizNews

三井不動産 グローバル・ブレインと共同で総額85億円のCVCファンド2号を設立

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

三井不動産 グローバル・ブレインと共同で総額85億円のCVCファンド2号を設立 


三井不動産(東京・中央、菰田正信社長)とグローバル・ブレイン(東京・渋谷、百合本安彦社長)は「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」(総額:85億円/以下、CVC2号)を設立した。



画像=写真ACより


2015年設立のCVC1号(総額50億円)は、三井不動産の本業強化や事業領域の拡大を目指し、国内外のスタートアップ約40社への投資を行ってきた。今回のCVC2号は1号の後継として運用額も85億円と大幅に増額している。


CVC2号の投資先は、Real Estate as a Service、DX(デジタルトランスフォーメーション)、スマートシティの領域を強化するスタートアップに加えて、三井不動産の既存の事業領域と異なる新たなビジネスを生み出すスタートアップを中心に検討する。


投資の重点領域は、三井不動産の事業領域の拡大を見据え、モビリティ(MaaS、自動運転、フリートマネージメントなど)、宇宙、食品(フードテック)、農業(アグリテック)、エンターテインメントなどを新たに加えた15領域を対象にしている。



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 58

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧