2020年10月02日
リビンマガジンBizNews

セプトボット 田舎暮らしに特化した不動産情報プラットフォームをリリース

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

セプトボット 田舎暮らしに特化した不動産情報プラットフォームをリリース 


セプトボット(静岡・三島、杉山康治朗社長)は、「疎開」をコンセプトにした田舎暮らしのための不動産情報プラットフォーム「ソカイネット」をリリースした。

画像=写真ACより


同プラットフォームでは、自然を象徴する5つの基本条件(海・山・川・森林・湖)のいずれかに合致した物件が掲載されている。物件は、これら基本条件の半径500m以内に位置する。加えて、9つのサブ条件も設定。掲載物件の半径500m以内に村・高原・水源・渓谷・田畑・牧場・離島・温泉街・景勝地のいずれかが存在している。


「ソカイネット」リリースのきっかけは、コロナ禍でのテレワークの浸透で、通勤距離を考慮する必要がなくなったことで「自然環境が豊かでありながら一定の利便性も追求できる住まい」を望む声が多く寄せられたことにあるという。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 47

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧