2020年10月15日
リビンマガジンBizNews

and factory 入居者向けアプリを三好不動産と宅都プロパティが導入

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

and factory 入居者向けアプリを三好不動産と宅都プロパティが導入 


and factory(東京・目黒、青木倫治社長)とスマサポ(東京・中央、小田慎三社長)が共同開発した住まいのサポートアプリ「totono(トトノ)」が賃貸管理の三好不動産(福岡市)と宅都プロパティ(大阪市)に新たに導入された。2社の導入により、福岡と大阪を中心に6万人以上の入居者が同アプリの利用対象となる。



画像=「totono」Webサイトより


「totono」では、入居者がアプリ内で契約内容の確認や管理会社への問い合わせ、各種申請を行うことができる。一般的に入居者と管理会社のやり取りは電話か書面が通常だが、アプリ内でコミュニケーションが完結するため双方にとって負担が軽くなるのが大きなメリットだ。


アプリ導入に至った2社では、賃貸管理業務におけるDX推進に注力しているという。and factoryでは、アプリのサービス向上を通して、住み替え時のリピート獲得やテナントリテンションに向けた付加価値の提供を目指していく。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 76

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧