2020年12月18日
リビンマガジンBizNews

三井不動産 テクノロジーで街に新たな価値を生み出す「モビリティ構想」を始動

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

三井不動産 テクノロジーで街に新たな価値を生み出す「モビリティ構想」を始動 


三井不動産(東京・中央、菰田正信社長)は、街の住民に新たな体験価値を提供するため、ヒト・モノ・サービスの移動に着目したモビリティ領域への取り組みを開始した。



画像=プレスリリースより


具体的には、MaaS(Mobilty as a Service)と移動商業店舗の2つのプロジェクトを推進している。MaaSでは、住宅、オフィス、商業施設、ホテル等のユーザー向けに地域の交通機関と連携したMaaSアプリを提供し、移動の自由度や柔軟性を向上させる。第一弾として、2020月9月より柏の葉・日本橋・豊洲地区のマンションを対象に、月額定額制サービスの実証実験を開始している。


移動商業店舗では、飲食・物販・サービスなどの様々な店舗を車両に乗せて、生活エリアに展開することで新たなショッピング体験を提供する。第一弾として、2020年9月~12月に首都圏・近郊5カ所において10業種11店舗の事業者とともにトライアルイベント(=画像)を実施。今後、出店場所や店舗を拡大する予定だ。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 521

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧