2021年01月04日
リビンマガジンBizNews

ワンノブアカインド 都内で住み替え検討は23.4%、コロナ禍でのマンションデータを分析

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

ワンノブアカインド 都内で住みかえ検討は23.4%、コロナ禍でのマンションデータを分析


ワンノブアカインド(東京・港、川島直也社長)は、運営するマンション情報サイト「マンションレビュー」でのデータ動向や登録会員へのアンケート結果から、コロナ禍での「住みかえ」への意識や行動、実際の相場について、どのような動きが見られたのかをまとめた。




画像=プレスリリースより



結果として、都内でコロナ禍での住みかえを検討した人は23.4%。うち72%は実際に引っ越す・物件を調べて検討するなどのアクションを起こした。コロナ禍で住みかえを決めた人の65%は、竣工を待たずにすぐ入居できる「中古マンション」を選択している。


また、住みかえニーズのひとつの指標として、全国のマンションの「騰落率」とエリアの「坪単価」を2020年3月度と9月度で比較。いずれも全国平均では9月度のほうが上回っており、相場の下落はなく住みかえニーズの落ちこみはないと推測できるとした。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 103

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧