2021年04月01日
リビンマガジンBizNews

スタイルアクト 投資用マンション家賃の相場乖離率ランキングを発表

リビンマガジンBizNews

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

スタイルアクト 投資用マンション家賃の相場乖離率ランキングを発表 


スタイルアクト(東京・中央、沖有人社長)は、2020年竣工の投資用マンションの家賃の相場乖離率を発表した。調査では、投資用マンションデベロッパー11社の2020年竣工物件の募集事例を同社の賃料査定システムを用いて相場賃料を出し、乖離率を算出した。




画像=プレスリリースより



ランキングで1位だったトーシンパートナーズのZOOMシリーズは、1LDKや2LDKが比較的多く、各立地での稼働率の高い間取り・面積帯を選択している。また、北向きの部屋を高く貸している事例が多く、ZOOM秋葉原EASTの1LDK・北向きは相場より13.1%高い坪単価16,725円で、ZOOM日本橋蛎殻町の1LDK・北西向きは相場より11.6%高い坪単価17,811円で募集して決まっている。


稼働率が高いほど、賃料変動率が高くなるため、相場よりも家賃設定を高くしやすい傾向があるという。同社は、商品開発もこれまでのプロダクトアウトから、マーケットインすることが求められると結論づけている。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 111

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧