今回は、内見・下見における【16のチェックポイント】は以下の通りです。


物件をある程度絞り込んだら内見・下見を行いますが、その際にチェックするべきポイントも解説します。

なお、内見の際には以下のアイテムを持参してください。


●物件の各種資料(できれば寸法入りの図面も)

●メモ、筆記用具

●巻き尺(建物内部なら3~5m程度測定できるもの、土地なら30~50m測定できる大型のもの)

●デジタルカメラまたはスマホ(社内での検討や説明用に記録するため)

●水平器(ビー玉でも代用可能)

●ポケットライト(夕方や夜間などの内見や暗いスペースを見る際に利用)

●軍手

●周辺地図 など



[土地に関する現地チェックポイント]


1.前面道路の幅員・間口

募集資料に示された距離を実測し、資料と同じか確認します。


2.隣地境界杭

隣地との境界杭の有無を確認します。将来的な隣地とのトラブルを予防するためにも、売買を進める前に必ず確認しましょう。また、隣地境界確認がなされていない場合、土地家屋調査士や測量士に依頼して、確定する作業があります。予想以上に時間がかかりますので、売買の買い手が決まってからでなく、早めに依頼することを推奨いたします。通常数ヶ月~半年の場合もあり、隣地所有者との調整ができない場合は、売買契約自体を断念せざるを得ない場合もあります。



[建物に関する現地チェックポイント]


中古ビルをリニューアルして使用することを想定している場合、内装や設備などをどれだけそのまま利用できるかによって、コストが大きく変わってきます。リニューアルを行う内装会社・建設会社等の担当者にも同行してもらい、どのような工事が必要なのか、その場で判断してもらいましょう。


3.建物外観

初対面の人の印象を見た目で判断されることが多いのと同じく、企業も建物の外観で第一印象を判断されます。パッと見たときにどのような印象を受ける建物か、最初の印象は結構大切です。建物の築年数が多いと、どうしても古さを感じてしまうものですが、外装をリニューアルすることでイメージを変えることも可能です。最近では、2階程度まで御影石などの化粧石のパネルを貼る工法が、比較的低コストで外観の印象をよくできる方法として人気です。また、塗装をし直すだけでもかなり印象が違います。このように、外装はあとから手を入れることもできますから、むしろ全体の構造や、建物の「雰囲気」が自社のイメージに合うかどうかをチェックしてください。



参考文献
自社ビル取得&運用マニュアル(すばる舎リンケージ)


株式会社ダク・エンタープライズ
株式会社首都圏ビルマネジメント
代表取締役 阿部龍治


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 472

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧